■芦別市の滝 KITANOTAKI.NET
【多聞橋の無名滝】たもんばしのむめいたき
芦別市芦別川−無名沢
多聞橋の無名滝
芦別市から富良野市へ抜ける道道135号線のT字分岐が基点。ここから約2.3kmで焦茶色の橋[多聞橋]があり、下に沢が流れている。普通に走ると「橋を渡る」ことは認識するが、この下に流れる沢までは気が向かない。この沢の上流部約100m地点に滝マークがある。沢名が無いため、通称として橋の名を借りておく。

橋の前後約500mの地点から山側に入る林道があるので、この道脇に停めるのが最良だろう。

しかし難所だ。周辺は雑木林だが、橋の中間地点周辺は見事な断崖である。橋には点検用のハシゴがあって沢まで降りることが可能だが、自動車の白い目を背きながら欄干を跨いで降りるのは抵抗感がある。

さらに、訪問は期間限定だ。春先は残雪のため、駐車できるはずの林道そのものが雪に埋もれて進入不可能。また、夏場のわずかな期間は鬱蒼と生い茂る草木に邪魔をされてしまう。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
渓流 なし 路肩 橋の上 困難 歩5
調査中
多聞橋の無名滝