■芦別市の滝 KITANOTAKI.NET
【月見沢川の滝】つきみざわがわのたき
芦別市・芦別川−月見沢川下流
月見沢川の滝
国道452号線と道道135号線(美唄富良野線)のT字路交差点付近に架かる小さな橋[七夜橋]の南手前から林道に入る。芦別川をまたぐ橋が難点だが、対岸を走る林道を北上。約2km地点で[月見沢川]に沿う[月見沢林道]。入口にはゲートがあるらしいが、閉鎖されている場合は徒歩でもさしたる距離ではない。

林道入口を基点として約1km地点に滝マーク『月見沢川の滝』がある。林道に路上駐車して遠望だ。滝の正面を見られる場所もあるようだが、その崖の下部は風化により深くえぐられており、崩れ落ちそうな様子なので注意が必要とのこと。

下流部から遡行で滝下に立ったレポートが寄せられた。「こんな所に、これほどまで豪快な大滝があるのか」と息を吐く。観光名所化されることなく、人知れず豪快に飛沫を上げる姿は圧巻だ。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
10+5m 目測難 直+段 なし 路上 崖上 散策 歩1
更新日:2009年 9月13日
写真提供:M.カトーさん
月見沢川の滝月見沢二筋の滝