■富良野市の滝 KITANOTAKI.NET
【雨宿りの滝】あまやどりのたき
空知郡富良野市・東大演習林
NO MAP & NO PHOTO
東京大学院農学生命科学研究科附属科学の森教育センターが管理する東大演習林にあるため、一般立入禁止。位置などのデータはなく、写真も同サイト内にあるのみ。実際の姿を拝めるのは関係者だけということになる。通称『雨宿りの滝』は、溶結凝灰岩からなり、上部の強溶結した部分が残り、弱溶結部分が侵食されて抉られているのが特徴。周辺は緑の苔が蒸しており、淡く不思議な色彩に染まる景観だ。

北海道演習林は1899(明治32)年、北方林業ならびに林学の研究と教育を目的に、内務省から国有林23,597haの移管を受け、東京帝国大学農科大学試験地として設置された。その後、森林の追加移管や購入、農地解放、売却等を経て、2011(平成23)年4月現在の所管面積は22,715haとなっている。林分施業法に基づく森林管理実験を事業的規模で実施。「汎針広混交林帯における森林生態系の持続的・順応的管理」を目標に掲げ、関連する様々な教育研究課題に取り組んでいる。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
なし 滝傍 不可
調査中
雨宿りの滝
●東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林>北海道演習林ギャラリー(※右列の中ほど)