■羽幌町の滝 KITANOTAKI.NET
【ピッシリ双龍の滝(雄・雌)】ぴっしりそうりゅうのたき
苫前郡羽幌町・ピッシリ山
ピッシリ双龍の滝
天塩山地の最高峰ピッシリ山(1,032m)はアイヌ語で[石の山]の意。羽幌町からのアプローチが最短だが、登山道始点までも距離があるため、行動時間に余裕を持つ。林道ゲートの鍵が必要なので事前に許可を。林道状況についても確認が必要で、要登山届。熊対策も。

1合ごとに標識が建ち、単調な起伏が繰り返される静かな森の中、幅広く草刈された明瞭な山道を進む前半戦。まもなく[ピッシリ山展望台]に着。ここからは傾斜がきつくなり、ロープが固定されている箇所もある。七合目付近にて滝分岐の看板。滝まで往復3時間を要するとのこと。脇から急勾配の斜面を沢まで下りて100mほど遡行。ハードな行程なのでザイルがあると安心。

昭和50年に発見されたこの滝は、50m級と30m級の二つから成り、雄雌あわせて『ピッシリ双龍の滝』と名付いた。ピッシリ沢本流のほぼ源流域に位置し、深く切り込んだ渓谷に吸い込まれるように落ちていく雄姿は圧巻であり、容易には近づかせてくれない秘境である。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
50+30m 目測難 案内 路肩 川辺 遡行 歩240
調査中
ピッシリ双龍の滝(雄・雌)