■函館市の滝 KITANOTAKI.NET
【琵琶瀧/琵琶滝】びわたき
函館市川汲町・川汲川・川汲温泉
琵琶瀧/琵琶滝
函館市川汲町を走る国道278号線は分離国道。海岸線を沿う側と、集落の内陸側を沿う道路の2つが同じ国道線だ。道道86号線(函館南茅部線)を上り[川汲(かっくみ)温泉]を目指す。路上駐車は危険なので、温泉施設を借りるか、下流域で適当な場を探す。

温泉施設に上るT字路に2枚のカーブミラーがあり、ここから土手斜面を[川汲川]まで降りて、数十メートルほど下流の方向へ行くと『琵琶瀧』の側面を覗き込むことができる。だが、良い角度を得られず写真も撮れないまま撤退せざるを得なかった。ちょっとした崖の上のため、滝の正面まで降りることは困難だ。どこか適当な場所から沢を遡行するルートだろう。

落差2〜3m程度と低く、こじんまりとした岩場の隙間を流れ落ちる段瀑。河川自体は穏やかだが、滝は勢いのある流れを見せてくれる。昭和3年、尾札部村の小学校に赴任した俳句好きの小林露竹先生が、この風情ある名を付けたらしい。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
3m 3m なし 路肩 滝傍 遡行 歩10
調査中
琵琶滝