■函館市の滝 KITANOTAKI.NET
【谷地山沢川の滝】やちやまさわがわのたき
函館市鉄山町・汐泊川−谷地山沢川
谷地山沢川の滝
函館市は津軽海峡に面する国道278号線の石倉町と古川町との境に流れる汐泊川(しおどまりがわ)。この河川に沿って南北に伸びる道道83号線は、内浦湾に面する川汲町[川汲温泉]までをつなぐ山間ルートだ。

この中央付近にある[矢別ダム]の南、約800mほどの地点で分岐する支流[谷地山沢川(やちやまさわがわ)]が目的の沢になる。函館市鉄山町(てつざんちょう)にあたる位置だ。

本流[汐泊川]と[谷地山沢川]との出合いを基点として約1kmを河川遡行で進んでいくと滝マークを拾う。林道は伸びていない。

これが『谷地山沢川の滝』である。落差6mほどの目測で、ごつごつと突き出している巨大な岩が積み重ねられたような合間を滑るように流れ落ちてくる容姿は自然の芸術そのものである。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
6m 3m 直渓 なし 路肩 滝傍 遡行
掲載日:2009年 6月27日
写真提供:M.カトーさん
谷地山沢川の滝