■上川町の滝 KITANOTAKI.NET
【村雨ノ滝】むらさめのたき
上川町・安足間川−ポンアンタロマ川−イズミノ沢
村雨ノ滝
先の『昇天ノ滝』から約500mの距離で出会う、この『村雨ノ滝』。垂直に聳え立つ岩肌を幾多もの筋を描きながら流れ落ちてくる雄大な姿だ。こちらも落差30mほどの大滝で、これほど巨大な滝を連続して見ることができるのは貴重である。

ここから先は登山のお話になるので、その他の[山サイト]を参照していただきたい。この稜線は比布岳と国立峰との中間で、はっきりとした二つの尾根に分かれており、この分岐を[安足間岳分岐]と呼ぶ。

主稜線はそのまま西に、国立峰−永山岳−沼の平−愛山渓温泉に至る登山道が付いており、もう一方の尾根は南へ折れて、ほどなく安足間岳の山頂を形づくり、南南西に当麻鋸−当麻岳−当麻乗越と続いている。かなりの標高差があり、生半可な気持ちで訪れることはできない場所だが、シーズンを迎えると多くの登山家がこのコースに足を運び、雄大な自然の景観に感動する。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
30m 目測難 分岐 川辺 登山
訪問日:2009年 8月12日
写真提供:M.カトーさん
昇天ノ滝村雨ノ滝