■上ノ国町の滝 KITANOTAKI.NET
【黄金ノ滝】おうごんのたき
上ノ国町・石崎川−左股川
黄金ノ滝
黄金山(675m)麓に流れる石崎川支流左股川に落ちる『黄金ノ滝』。一般的な道路地図にも掲載されるほどだが、沢沿い林道[道道石崎松前線]は道路決壊のため長年に渡り通行止となっており、開通は未定である。

昔、砂金を馬につけて運ぶ作業中に誤ってこの滝壺に落としたという。また、知内で金を採ったイギリス人が砂金を背負って上ノ国の石崎へ向かったが、途中で行方不明になり、滝に落ちたとする伝説もある。実際、黄金山では鉱石から金を取り出した跡の穴がたくさん残っている。これらのことから名付いたようだ。

石崎川に沿って林道を30分ほど走り、そこからは大岩の合間を縫うように流れるグリーンの河川を遡行。噂どおり、既に滝とは言えない状態で、落差は2mもない。探勝家の感想では「崩れた」と言うより「削れた」感じで、左右には高さ10m程の岩があり、元は滝だったのが分かる。その後方に滝壺の名残(砂で埋まっている)もあるとのことだ。自然の中に消えゆく運命か。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
2m 2m 渓流 なし 路肩 滝傍 遡行
訪問日:2010年 8月29日
写真提供:M.カトーさん
黄金ノ滝黄金ノ滝の上滝