■神恵内村の滝 KITANOTAKI.NET
【ウエンチクナイの滝】
古宇郡神恵内村大字珊内村字ウエンチクナイ
ウエンチクナイの滝
神恵内村と積丹半島をつなぐ日本海岸線の長距離国道229号線。そこに、今はもう廃れて歩行さえも危険な山道跡がある。時代の名残だ。

珊内地区ウエンチクナイを貫くトンネル工事も進められたが、2004年9月北海道に大被害をもたらした台風18号の影響により、その短い役目を終えた[2代目トンネル]。大森地区から伸びる[大森トンネル]と計3つをつなぎ、新たな姿を現した。幾多ものトンネルが連なり交通の便は快適になったが、それに伴い失われた自然が多くあるのも事実だ。

新[大森トンネル]貫通に伴い、かつての[ウエンチクナイトンネル]内からのみ見学が可能だった、この『ウエンチクナイの滝』も姿を消したようだ。まだ残っており、海上からのみ眺望可能という情報もあるが、はるかな絶壁から裾を広げて流れ落ちる美しい分岐瀑も、もはや叶わぬ郷愁となる。避けられない時代の流れか。

なお、正確な場所が不明のため、集めた情報からの推測で地図表記している。あくまでも参考としていただきたい。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
30m? 20m? 分岐 なし なし なし 消滅?
掲載日:2007年 9月21日
ウエンチクナイの滝