■登別市の滝 KITANOTAKI.NET
【鉱山不動の滝/鉱山無名滝】こうざんふどうのたき/こうざんむめいだき
登別市鉱山町・胆振幌別川
鉱山不動の滝/鉱山無名滝
登別市鉱山町内を走る河川[胆振幌別川]に落ちる滝として冒険者のレポートがあがったが、滝周辺は断崖なので容易には近寄れない。

[登別市ネイチャーセンター:ふぉれすと鉱山]近くの[鉱山橋]脇から入渓して遡行ルートだと聞く。 距離にして500-600mほどだが、川底までは深みがあり、進行は容易ではない。

または[鉱山橋]を少し北上した脇の林道から河川の裏手を進み、 位置正面を見計らって強引に降りていくのが最も短距離で到達できるとのレポートも。

『鉱山不動の滝』または『鉱山無名滝』とも呼称がある。無名ながら見事な姿だ。 情報によると放流が成されて出来上がる人工滝であるが、樹木の陰から一筋の流れを描き、裾を広げて河川に注ぐ。 落差8mほどの滝ながら、名前が付いていないのが不思議でならないと関係者の談。

上流部は[くの字]に曲がっており、元々トイで繋がっていたようだが、現在は崩壊している(写真2枚目)。その無残な様子が見て取れた。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
8m 6m 段+渓 なし 路肩 川辺 困難
掲載日:2009年10月28日
写真提供:M.カトーさん
オロフレ峠の滝錦の滝勝鬨の滝岡志別川の滝鉱山無名の滝三段の滝聖の滝幌別来馬川F1F2