■札幌市の滝 KITANOTAKI.NET
【小滝の沢川の滝】こたきのさわがわのたき
札幌市南区常盤・小滝の沢川
小滝の沢川の滝
札幌市南区の国道453号線を支笏湖方面へと走る。[芸術の森]を越えてすぐ、2007年3月に廃業した[真駒内スキー場]へのY字路へと突入し[常盤温泉]への中道に折れる。

緩い下りカーブにある茶橋を渡って数百メートルを前進すると、管理林道に折れる手前で空地スペースがある。ここで駐車。

温泉施設に向かう道路なので年中通行可能だが、砂利ベースの悪路。周辺は樹木が密集するので日中でも大変薄暗い雰囲気だ。冬期間は車両すれ違いができないほど幅狭で、見通しが悪い。また、

道路沿いに流れる清流[小滝の沢川]に、撫でるように緩やかな滝があるのが見える。これが『小滝の沢川の滝』だ。 落差はないが、川幅いっぱいに広がって流れる姿は優雅。夏場以降は水量が乏しく、ただの渓流に変わってしまうが、穏やかな雰囲気である。

滝と呼ぶにはやや難がありそうだが、別滝『札幌市・八垂別の滝』を思えば、こちらも可だろうか。 ただ正式名がないので、河川名を取ってこう呼ぶことにする。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
2m半 8-10m 滑滝 なし 路肩 橋の上 容易 歩1
再訪日:2008年 3月29日