■せたな町の滝 KITANOTAKI.NET
【化石の滝(仮)】かせきのたき
久遠郡せたな町元浦嗣内・嗣内川
化石の滝
国道229号線。せたな町[北島歌][長浜][島歌][虹羅(あぶら)]地区を順に南下。[虹羅トンネル(長:約1.7km)]を越え[元浦・嗣内]地区へ入る。

民家の間を抜ける林道[ガンピ岱嗣内線](看板あり)の道路を約200m登り、最初のヘアピンカーブの右奥に滝が見える。

半分ダートのような悪路だが、空は拓けているので明るい。カーブ地点の路肩に駐車可能。しかし、幅狭林道なので車両の転回は困難だ。

地形図に滝マークはなく、名称も記載されていない。地元住民の方が知っているだけのマイナーな滝だが、滝口となる部分が洞窟のように穴を開けているのが特徴的で、周辺の岩場の感じがとても独特だ。

化石岩のような風景を描いていることや、周辺で化石が見つかったことなどから、この『化石の滝』との名前が付いたとのこと。融雪期には、さらに豪快な流れを見せてくれるらしい。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
10m 10m なし 路肩 川辺 散策 歩2
訪問日:2005年 6月29日
化石の滝