■せたな町の滝 KITANOTAKI.NET
【日中部岬の滝(仮)】にっちゅうべみさきのたき
久遠郡せたな町
日中部岬の滝
せたな町を南北に貫く国道229号線から外れ、北海道最西端となる道道740号線(北檜山大成線)へと入る。 この先、大成区太田地区まで未開通のままで行き止まりとなる南端まで走り、 そこから先は険しい岩場を乗り越えていく危険な行程だ。

目的の滝は[日中部岬]を越えて、さらに南に位置する無名の沢にある。 地図上に滝マークがあるが、興味のない人にとっては気にも留めないような場所だ。

道なき道。滝傍に寄るには10m程の垂直の壁を3度降りねばならないとのことで、苦労を要する。 このため危険度表記は高めにしておく。

沢名もないので、近くの岬の名称を借りて『日中部岬の滝(仮)』としておく。 落差8mほど。奇岩を撫でる異質な景勝に染まる場所であり、人知れず落ちる無名滝である。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
8m 1m なし 路肩 滝傍 危険
訪問日:2012年 5月14日
写真&情報提供:M.カトーさん
日中部岬の滝(仮)