■下川町の滝 KITANOTAKI.NET
【御車の滝】みぐるまのたき
上川郡下川町珊瑠・天塩川−名寄川−サンル川−サンル十二線沢−鉱山沢川−左沢/ピヤシリ山
御車の滝
日本百名山に選定されている[ピヤシリ山(987.1m)]はアイヌ語で[ピツ・シリ(岩のある山)]または[ピラ・シリ(崖の山)]の意とされ、山頂近くに岩が多いことから名付いた。山容はなだらかで、南西側からは整備された林道と登山道が伸びており、登頂は容易。

国道から[サンル牧場入口]の標識に沿って進入。続いて登山口に続く[御車林道]へ入る。要、山鍵。登山口に向かう[ピヤシリ林道]を進む。終点に[ピヤシリ自然休養林]大看板と登山口の案内が建つ。

スタートは歩きやすいが、所々泥濘などがあるので注意が必要。約40分。稀少な植物の群生が見られる日本北端の高層湿原[ピヤシリ湿原]を源とする沢から、急崖斜面を滑るように三段と成って落ちる『御車の滝』を見下ろす。読みは「みぐるま」。落差20mとのことだが、30-50mと幅広く情報が見受けられる。水量の増減が激しく、おすすめは春。夏場は水枯れしそうなほどに細く、かなり寂しい景観になる。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
20m あり 空き地 登山道 登山 歩40
調査中
御車の滝