■新得町の滝 KITANOTAKI.NET
【秘奥の滝】ひおうのたき
新得町屈足・十勝川
秘奥の滝
新得町。滝の三大秘境の一つ。トムラウシ温泉の南側、十勝川の最上流に位置する。1990年、林道の開設により発見され、新得営林署員の公募にて『秘奥の滝』と命名された。読みは「ひおう」。

道道から十勝岳の登山口となるシートカチ林道を進むこと約12km。途中に案内矢印あり。林道は自然災害により時々通行止めになるため、訪問時は事前確認を。

数台駐車可能な狭い空き地スペースがあり、滝看板の地点からすでに姿を捉えるが、やや足場の悪い散策道を進むこと15分ほどで滝直下へ行ける。かつては極めて困難な行程だったが、昨今は草刈や丸太などで道が整備されている様子。

落差33m。削り落ちたように聳える断崖の空間。赤茶色に染まる岩。その広い岩盤を背景に、ダイナミックに落ちる直瀑と、弾ける飛沫。近寄りすぎると全身ずぶ濡れになるほどだ。この豪快さは見事の一言である。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
33m 案内 路肩 登山 歩15
掲載日:2009年 8月19日
写真提供:滝初級者さん
秘奥の滝