■壮瞥町の滝 KITANOTAKI.NET
【キムンドの滝】
有珠郡壮瞥町字仲洞爺・大川
キムンドの滝
洞爺湖を周回する道道132号線(洞爺公園洞爺線)の東岸を走ると、湖畔沿いに[来夢人(キムンド)の家]がある。これが見えたら、橋の脇に看板があり、山側に向かう舗装道路を1.3km登る。突き当たりの空き地に駐車。

昨今、川沿いに遊歩道が整備されたが、鉄パイプが鮮やかすぎて、せっかくの独特な風景を人工的なものに染めてしまったのが残念でならない。突き当たりで『キムンドの滝』に到着。とても鮮やかな褐色の地層で風景に違和感を受ける。水の流れは年中勢いがあるが、驚くほどに澄んでいて滝下の川底は透けて見えるほどだ。

『文治5年10月、本州より難を逃れて渡道し、更に満州に赴かんとした源義経が満州地方の事情をきくため、アイヌ酋長[キムンド]に面会を求め、約1週間この洞穴に滞在したが、遂に面会を謝絶され、ここを去って日高の酋長[オキクルミカムイ]に会い、満州の事情をきいて渡満したと伝えられている。その時より、これをキムンドの滝と称し、多くの人に親しまれている』との説明。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
7m 3m あり 空き地 散策 歩5
訪問日:2005年 8月27日
キムンドの滝壮瞥滝