■弟子屈町の滝 KITANOTAKI.NET
【夕染の滝】ゆうぞめのたき
弟子屈町・尾札部川
夕染の滝
[屈斜路湖]に注ぐ河川の一つ[尾札部川]の上流域に、地元民でもあまり知られていない幻の滝がある。国道から和琴半島近くで[尾札部川]に掛かる[夕暮橋]から沢沿い林道に入る。入山許可が必要であり、途中の鹿除けの柵は必ず閉める。舗装路はすぐにダートに変わり、林道が途切れるまで車で約20分、約7.5kmとのこと。道の状態が芳しくない場合があり、終点までたどり着けないこともあるので、訪問前に確認しておくと良い。

そこから先、鬱蒼とした針広混交林の中、消えかかる踏分跡を探るように笹薮を漕ぐこと歩30-40分。ルートや位置が不明瞭なため、ガイド同伴が望ましい。熊対策も必須。

地元民でも知らず、人目も付かぬ二つの名瀑。向かって左側『夕染の滝』は岩肌の苔が美しく、絹糸を垂らしたような繊細な姿。幽玄の雰囲気に包まれている。右側に『釣鐘の滝』が並び、かつてこの二滝は「雄滝・雌滝」と呼ばれていた様子。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
25m 2m 案内 路肩 川辺 遡行 歩40
掲載日:2010年 9月 5日
写真提供:ファッQさん
夕染の滝釣鐘の滝