■苫小牧市の滝 KITANOTAKI.NET
【樽前ガローの滝】
苫小牧市・樽前川・樽前ガロー
樽前ガローの滝
苫小牧市の自然景勝地。国道36号線沿いに大きな看板が建ち、矢印に従い4kmを進むと駐車場。 支笏火山の熔結凝灰岩を侵食して形成されたガロー(崖の間を川が流れる場所の意)と呼ばれるゴルジュ地形が続いている場所で、切り立った岸壁には60種異常もの隠花植物のコケ類がジュータンを敷き詰めたように付着し、両岸周辺には天然林が見られるなど、特異な自然環境を形成している。千歳市・支笏湖南岸にある[苔の洞門]を髣髴させる雰囲気だ。

ガローに沿って遊歩道が伸びており、途中に架かる3つの橋からの眺望が美しい。より楽しむためには遡行だが、膝上まで浸水する深さがあるので長靴は意味を成さない。また、非常に滑りやすい川床なので注意。

一番上流に架かる橋を越えると、川が二股になる。近辺に遊歩道らしき道があり、ここに1つ目の小滝が落ちる。さらに進むと砂防ダム。このすぐ手前下にもう一つ、同規模の滝があるという。人工滝との話も。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
2m 1m なし 広場 滝傍 遡行
調査中
樽前ガローの滝