■雨竜町の滝 KITANOTAKI.NET
【白竜の滝】はくりゅうのたき
雨竜町・雨竜沼湿原登山道・石狩川−尾白利加川−ペンケペタン川
白竜の滝
国道275号線から道道432号線(暑寒別雨竜停車場線)を雨竜沼湿原へ向かうと約12km地点に[尾白利加ダム]。さらに先14kmが登山口で整備駐車場だが、カーブが多くて見通しが悪い。手前数百メートル地点にも第二駐車場があり、シーズンは満車になるほど。なお、ゲートのオープン期間は6月-10月上旬の夏場限定だ。

管理小屋の南暑寒荘で必ず入山届を提出し、支援金も協力。徒歩で登山スタート。岩がごろごろしているアップの厳しい山道で、湿原までは4.1km(約2時間)。最初の吊橋[渓谷第一吊橋]を渡ると滝まで500mの案内。基点からは約1.5km。登山道沿の休憩所テラスから見下ろすが、土手を降りて川辺に立つことも可能。落差36mの直瀑『白竜の滝』は圧巻だ。白い竜が立ち昇るように見えることから名付いたとのこと。晴れた日には虹も掛かり、爽快なマイナスイオンを浴びる。

せっかくなので掲載写真は他サイトで見られない角度から。ちなみに、この場所では飛沫のシャワーを浴びる。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
36m 10m 案内 川辺 対岸 登山 歩25
訪問日:2008年 9月21日
白竜の滝