■稚内市の滝 KITANOTAKI.NET
【ウロンナイの滝】うろんないのたき
稚内市西浜・ウロンナイ沢
ウロンナイの滝
北海道北端の稚内市。ノシャップ岬を臨む西海岸[西浜]地区。かつては[潤内(うろんない)uru-o-un-nai:岡の裾にある川]とされていたが、時代と共にこの名は消滅してしまい、昨今の地図には記載がない。

現在の[西浜一丁目]と[西浜二丁目]の中間ほどの位置で、併置校である[西浜小中学校]は、1900(明治33)年に稚内尋常高等小学校潤内分教場として開設され、改称を経て、過疎化に伴う生徒数の減少により2015年にて閉校。長い歴史に幕を閉じた。

この脇に流れる沢に落ちる目的の『ウロンナイの滝』は、地名を借りて『西浜の滝』ということにもなりそう。車を走らせていると視界に入るが、やや奥地となるため、近づくためには草地を進む必要がある。

西海岸の他の沢は砂防により固められているが、この周辺は自然の姿を残す。斜面の崩壊で岩盤が剥き出しになり目立つようになったのではないかとの見解も。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
5-6m 5-6m 分岐 なし 路肩 川辺 登山 歩5
訪問日:2015年 8月26日
情報提供:hiroさん/写真提供:ファッQさん
ウロンナイの滝
●hiroさん『道北の釣りと旅』より「稚内市を巡る旅
●FMわっぴ〜『キラッと最北端〜宗谷地域情報ブログ』より「2015.04.14 ウロンナイ沢の滝
●サルルさん『カムイミンタラ』より「宗谷・稚内 アイヌ語地名さんぽ」(※ページ中ほど)