■美深町の滝 KITANOTAKI.NET
【深緑の滝】しんりょくのたき
美深町仁宇布・十七線沢
深緑の滝
町観光協会は新たな観光資源としてPRすることを目的に、仁宇布地区の新しい滝と湧き水で愛称を募集した。仁宇布(ニウプ)とはアイヌ語で[森林]や[木のある川]の意で、自然豊かなこの地域ならではの取り組み。

[美深町][上川北部森づくりセンター][美深町商工会]と合同で実施、応募総数六十七点の中から、美深町西町四〇に住む鳩山嵩大さんの「滝が深い緑の中に堂々とたたずんでいる姿」から『深緑の滝』と命名した。

7月7日の[2007松山湿原とニウプ自然探勝]の開催以降に開放され、環境省による平成の名水百選『仁宇布の冷水と十六滝』の内の一つに認定。

道道49号線(道道美深雄武線)沿いにある別滝『高広の滝』駐車場対面に見える[十七線沢林道]を2kmほど進んだ所にあり、落差は約11メートルとのこと。長靴を履いて河川を進み、滝の下に到達できる。晴れた日には陽光を反射し、虹が掛かるほどだ。とても清々しい。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
11m 3m あり 路肩 川辺 散策 歩4
更新日:2008年 6月28日
高広の滝深緑の滝