■岩見沢市の滝 KITANOTAKI.NET
【朝日不動の滝】あさひふどうのたき
岩見沢市朝日町・朝日川
朝日不動の滝
岩見沢市の国道12号線から国道234号(苫小牧・栗山方面)へ入り、[上志文]地区の信号交差点から青看板に従い、道道38号線(夕張・美流渡方面)へ。この道路はそのまま夕張市へとつながる。約4km直進すると[朝日不動明王堂]の看板がある。見落としやすい。

看板脇の林道を道なりに川辺まで進入可。路肩に寄せて駐車できる。赤い鉄橋を渡って階段を登った丘の上には御不動さんが奉られている。

橋の右手に『朝日不動の滝』。小ぶりな滝で、庭園の小川という雰囲気だが、「静寂の中にある勇ましさ」があり、一段目は岩肌をも削る威力で流れ落ちる。壷の底まで見通せる透明度にも驚く。そこから岩肌を撫でるように溢れて扇状に広がり本流へとつながっていく。

たったこれだけの空間ながら様々な角度で表情を変える。橋の上に立って見るのも良し、滝に寄ってみるも良し、渓流の風景を楽しむも良しだ。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
3m 2m 直+渓 案内 路肩 川辺 散策 歩2
掲載日:2008年 6月16日
朝日不動の滝東毛陽の滝万字炭山森林公園の滝