■岩内町の滝 KITANOTAKI.NET
【湯内川F6/湯内川の大滝】ゆないがわのおおたき
岩内町敷島内・湯内川
湯内川の大滝
岩内町。国道229号線を南下して雷電峠〜尻別へ抜ける旧街道の山奥にある露天風呂[朝日温泉]へ。約3kmのダート林道が伸びており乗用車でも通行可だが、到達難易度の高い秘湯だ。手つかずの自然に囲まれた渓谷の中、源泉が岩盤から沸く足元湧出の湯で、アイヌ民により発見され、開湯は幕末の弘化元年(1844年)、松浦武四郎[西蝦夷日誌]にもでてくる歴史ある温泉である。

その脇に流れる[湯内川]にこの『湯内川の大滝』があることは、あまり知られていない。温泉レポートの中で存在が語られるほどマイナーだったが、昨今は滝情報として知られるようなった。温泉施設脇から踏分跡が付いており、樹木の影に残置ロープが括りつけてある。これを助けに川辺まで降りることができる。川の水深はそれ程でもないので長靴があれば大丈夫だろう。

さらなる遡行レポートにより写真をご提供いただいた。せっかくなので2枚目に掲載させていただき、確定された位置も地図表示する。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
10m 3m なし 路肩 滝傍 登山
掲載日:2009年10月 1日
更新日:2012年 5月14日
写真1枚目提供:bstimeさん/写真2枚目提供:M.カトーさん
湯内川F1の横滝/雷電岬の滝F1F2F3支流滝1F4F5支流滝2F6/湯内川の大滝