■上川町の滝 KITANOTAKI.NET
【弧弦の滝】こげんのたき
上川町層雲峡・石狩川−支流
弧弦の滝
国道39号線の層雲峡[銀河トンネル]東口からつながる[新大函トンネル]南口脇から、国道と平行して残る旧道に進む。ここはかつて[大函]地区へ抜ける本道だったが、30年ほど前の崩落事故の影響により閉鎖。奥に小さなトンネルを確認できるが、車両進入はできないので、国道沿いの整備スペースに駐車して徒歩だ。

旧道の[大函橋]の上に立つと、この『弧弦の滝』側面(※写真1枚目)を眺めることができる。また、橋脇から河川に降り、遡行して滝正面に立つ(※写真2枚目)ことも可能。ただし、春先は河川の水量が増すので遡行は危険。また、夏場は草葉が生い茂るので、橋上からの眺望は困難になる。

層雲峡独特の柱状奇岩の間から吹き出すように流れ落ちる。滝口は遥か上方にあり、全体の落差は20mほどありそうとのレポート。晴れた日には陽光を浴びて虹が掛かっている。美しい。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
20m なし 整備 橋の上 散策 歩5
訪問日:2005年 7月16日
更新日:2009年 8月12日
写真2枚目提供:M.カトーさん
弧弦の滝早乙女の滝水浴の滝