■札幌市の滝 KITANOTAKI.NET
【有明の滝】ありあけのたき
札幌市清田区真栄・有明
有明の滝
札幌市清田区有明地区を走る道道341号線(真駒内御料札幌線)に面して、滝への木製の案内看板と、空き地の駐車スペースが広がる。 ここは自然探勝の森の入り口となっており、舗装はされていないが多数の駐車が可能だ。

小川の清流を傍目に見下ろしながら林道がまっすぐ伸びており、散策気分で林間を進む。 ナナカマドやハウチワカエデ、ヤマモミジが多い天然広葉樹林におおわれていて、秋は紅葉見物に人気がある。

緩やかな登り下りを経て数百メートル進むと、やがて分岐点。まっすぐに林道を登ると滝の上を渡るルートだが、 この手前で木製階段を降りて川沿いに進むと、間もなく滝の正面に出る。

こちらも土砂崩れのため、滝の手前で通行止の柵が設けられており、近寄ることはできない。 相当に人が入り込んでいる跡があるが、傍に行くのはあくまでも自己責任で。

垂直の絶壁を流れる落差13mの『有明の滝』は圧巻だ。この一角だけに見える岩の感じが見事で、水に濡れた濃藍色を鮮やかに彩る。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
13m 5m 直渓 案内 空き地 滝傍 散策 歩7
再訪日:2008年 6月 6日
有明の滝有明小滝アシリベツの滝不老の滝白帆の滝鱒見の滝無名滝