■占冠村の滝 KITANOTAKI.NET
【一番滝】いちばんたき
占冠村・鵡川−双珠別川
一番滝
面積の90%が森林という占冠村。赤や青の奇岩や巨岩などの渓谷美で知られ、道内随一の景勝と呼ばれる地域だ。ダム建設前は管内屈指の釣場として人気だったが、現在はその魅力が失われている。しかし、紅葉のスポットとして根強く、現在も人の往来が絶えない。

さて、アイヌ語[滝のある川]の名に由来する[双珠別川]の通り、いくつかの滝が連なる。通常は[F1][F2]と英数字による番号が振られるのが一般的だが、この沢は「一番」「二番」という具合だ。名付くもので5つの滝がある。いずれも落差はなく小ぶりだが、渓谷美の名の通り、良い景勝である。

アクセスは、まず占冠村から日高町へ向かう。「双民館(旧:双珠別小学校)」が見え、[双珠別橋]を越えたらすぐ左折。舗装道を10分ほど走ると最終民家。さらに荒れた林道へと続き[みかえり橋](※紅葉のスポット)と次なる橋の中間地点に『一番滝』があるという。地図上に滝マークはなく、正確な位置情報もない。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
なし 遠景 散策
調査中
一番滝二番滝三番滝四番滝五番滝双璧の滝