■遠軽町の滝 KITANOTAKI.NET
【山彦の滝】やまびこのたき
紋別郡遠軽町・湧別川−武利川−支流
山彦の滝
町の景勝地、落差28mの直瀑『山彦の滝』は、北海道で稀数の『裏見の滝』で、滝裏の洞窟には[成田不動尊]が祀られており、毎年7月28日に例祭「アイヌの伝統的な祈りの儀式:カムイノミ」が行われる。

明治30年2月、現在の上武利市街に住んでいたアイヌの青年・村山カムイカウックが、吹雪の中を沢伝いに下っていた際、断崖下に落下したが奇跡的に無傷で無事だったことから、部落の人達とともにカムイソー(神霊の滝)として崇め始めたとされている。

市街から道道1070号線(丸瀬布上武利線)を約16km南下。20台ほど停められる駐車スペースがあり、徒歩で登山。やや急な坂を200mを登ると滝が見える。

春先融雪期こそ豪快な流れを描くが、夏場以降は水量が落ち着き、浅い滝壺と岩に弾く水音が穏やかだ。垂直の岩壁に白絹の衣を掛けたように優雅で美しい。厳冬期には巨大な一本の氷柱と化し、ナイトツアーも開催。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
28m あり 20台 滝傍 登山
訪問日:2015年 8月29日
写真提供:ファッQさん
白滝神居滝山彦の滝鹿鳴の滝夫婦滝行雲の滝冷涼の滝平山の滝