■古平町の滝 KITANOTAKI.NET
【泥ノ木川F3/当丸峠の滝(仮)】
古平町・泥ノ木川
泥ノ木川F3/当丸峠の滝
古平町・国道229号線から道道998号線の当丸峠へと登る。その基点から約5.8km地点でヘアピンカーブ。その大きな円カーブを抜けると右手に逃げる[六志内林道]とのことらしい(基点からは約6.5km地点)がある。

かつては鉄ゲートにより封鎖されていたが、現在は撤去されている模様。ここで路肩駐車。地図の通り、うねり曲がる林道が伸び、距離約2km(徒歩約40分)を終点まで進む。方向転換ができないようなので、車両での進入はオススメできない。なお、夏場は道が埋もれてブッシュ漕ぎになるので、春訪問が無難。

林道上からでも眺望可能だが、崖を降りて沢に入渓。本流[泥ノ木川]に降りて上流部へと歩みを進めると間もなく、地形図の滝マーク『泥ノ木川F3/当丸峠の滝』に出会う。層を成す巨大な岩壁に囲まれるように、隠れるように、圧倒的な存在感を見せる落差15mほどの大滝。岩肌をすべて覆い隠すほどの流れを持ち、白いカーテンを広げたようだ。静寂の中の動。見事な滝だ。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
15m 12m 直瀑 なし 路肩 滝傍 遡行
掲載日:2011年 6月12日
写真提供:M.カトーさん
泥ノ木川F1/観音滝サカサ沢の滝泥ノ木川F2泥ノ木川の支流滝泥ノ木川F3/当丸峠の滝