■函館市の滝 KITANOTAKI.NET
【立岩の滝】たていしのたき
函館市三森町・松倉川
立岩の滝
さらに上流へ進むにつれて川幅は一層狭くなり、両岸30-50mほどにまで切り立った垂直の断崖絶壁が現れる。暗緑色の苔と草に覆われており、わずかに見える青空を映した[函]になっている。先に進むためにはロープを使い、泳いで遡行しなければならない。

約600m。ゆるやかな深い淵の函を泳ぎきると、その奥に『立岩の滝』がある。林道上にも看板があるようで、その場所からも滝の姿を捉えることができる。ただし奇勝「立岩」は見えない。直下に出るためには50mのロープが必要。容易には人を寄せ付けない。

遠い昔に崩れ落ちて、本流の真ん中に立っている縦長の大岩めがけて、水飛沫を上げながら落ちていく落差20mほどの美しい姿だ。豪快ながらも神秘的な雰囲気を醸し出している。

なお、ダムが建設されると、先の『白滝』と合わせて、この滝は水底に沈む運命にある。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
20m 8m なし 路肩 崖上 遡行
更新日:2009年 5月17日
写真提供:M.カトーさん
[中盤] 立岩の滝ミズノ沢川F1ミズノ沢川F2雑魚止まりの下雑魚止まりの滝小滝群