■岩内町の滝 KITANOTAKI.NET
【雲間の滝/季節滝】くもまのたき
岩内町島古丹・雷電海岸
雲間の滝
荒れ狂う日本海に沿って走る国道229号線[追分ソーラン線]。自然の脅威に曝されて旧道は年々廃れてゆく運命にあり、それに伴い国道も陸側へと変更され続けている。岩内町の中心部から南下し、断崖を貫いて完成した[雷電トンネル]を南口へと抜ける。すぐ海側に整備されたパーキングが広がり、ちょっとした東屋もある。

駐車場からトンネル上部の断崖に目的の『雲間の滝』が見える。遥か垂直に聳える断崖を眺めていると眩暈を起こしそうだ。その岩の合間に一筋の流れを見る。かなりズーム撮影しているが、遠い。目測難だが、落差はゆうに50mを越える。土手をつたって多少寄ることはできるが、滝直下までは藪漕ぎの険しい行程だ。

訪問時は生憎の空模様。どんより沈んだ風景になってしまったが、これはこれで滝名にふさわしい雰囲気に染まって良い感じだ。春先すぐに水枯して流れを失う季節滝だが、冬季は見事な氷瀑と化し、アイスクライミングの場として人気。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
50m 目測難 なし 整備 遠景 散策 歩5
訪問日:2011年 5月20日
鳴神の滝鳴神の横滝雲間の滝