■泊村の滝 KITANOTAKI.NET
【盃川F1/末広の滝】すえひろのたき
泊村盃村・盃川
末広の滝
国道229号線(雷電国道)から泊村[興志内]と[盃(さかずき)]地区の境を流れる[盃川]を目指す。[盃橋]の脇から民家の合間をくぐって川沿いに山側へ進む盃川林道を約1.5km。

日本海岸線からわずかな距離で出会える景勝地『末広の滝』。地元住民のみならず観光客を含め、訪れる者を魅了する自然の芸術である。

しかし観光客がゴミを放置して処理せず、河川や周辺の環境を破壊する問題となり、村役場会議にて「滝までの立ち入りを禁止する」という措置が取られた。このため、かつてのルートは進入厳禁となる。

失われた景勝地と思われたが、林道から高10mほどの絶壁を残置ロープで降りて滝正面に立てるとの情報を得た。特段目印がないので距離と地形図が頼り。脆い崖上の路肩に車1台分のスペースが確保できる。

手軽な散策気分では到達できないが、再びその姿を現したことは喜ばしい限りだ。しかし当然ながら、同じ過ちを繰り返さないようにマナーに務めて訪問しなければならない。それはこの滝に限らず言えることである。
落 差 瀑 形 看 板 駐車場 展望所 難易度 距 離
5m 8m 直瀑 なし 路肩1 川辺 困難 歩3
訪問日:2009年 5月27日
盃川林道の無名滝盃川F1/末広の滝支流滝1支流滝2盃川F2支流滝3盃川F3/上滝